トイレリフォームで小便器を交換する場合について

トイレの交換として、小便器を交換するトイレリフォームをするケースがあります。そのとき事前準備として予備知識を持っておかないといけないことがいくつかあります。作業をスムーズに進めていくには必須の知識となります。

■小便器のトイレリフォームをするときの注意点

1つ念頭に置いておきたいことは、トイレリフォームとして小便器の交換をする場合は、大掛かりなリフォームになるケースもあるということです。例えば、古くなったものをタンクレスの洋式トイレに交換する場合、下水関連の工事が必要になるケースもあるため大掛かりなってしまうわけです。古い家屋に、このような小便器が設置されていることも多いです。このような家屋は現在のトイレ事情にあった造りになっていないことも多く、トイレ自体を丸々交換する作業になります。相場は必要となる工事内容によって変化しますが、比較的新しいの家屋だったり集合住宅の場合は、もう少し安くなってきます。

■小便器から小便器の交換について

今ある小便器を新しいアイテムに交換するトイレリフォームをするケースもあります。先の話では、あくまでも一般家庭にフォーカスを当てたお話でしたが、ここでは商業施設など、人が集まるような場所のお話になります。小便器から小便器の交換については、大々的なリフォームが不要のため、比較的安価に業者が請け負ってくれます。そもそも便器の寿命は非常に長いため、早々に交換するケースは少ないものの、やはり流行り廃りがあります、そのためオシャレで流行り物を設置したいと考えるケースもあるわけです。オシャレを売りにしているようなカフェなどでは、この傾向が強いと言えるでしょう。

■まとめ
小便器の交換をする場合、大掛かりなリフォームが必要となるケースと、不要になるケースがあります。前者は、古い家屋など昔ながらのトイレ事情の場合で、後者は、商業施設などで劣化したものの交換や、新しいものに交換するケースです。工事の規模によって、リフォーム代金も異なります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ