トイレリフォームでタンクレスタイプの洋式トイレに交換

昨今、タンクレストイレが一般的になっているため、どのようなものを指すのか知っている人は多いです。しかし、タンクがないことによって生まれるメリットやデメリットまで詳しく把握している方はそれほど多くはないのではないでしょうか、そこで、このトイレについての基本的なことについて説明をします。知っている人でも意外と知らないこともあるかもしれません。

■タンクレスのトイレについて知る

名称から概ね察することが出来る通り、タンクが付いていないトイレのことを指します。タンクが付いているトイレは、そこに水を貯めて、その貯めた水を一気に流すことで強い水流を生み排泄物を下水道へ流してくれる仕組みになります。対してタンクレスの場合は、貯めずに直接、水道管から勢いよく水で流すタイプのものになります。トイレ室内が非常にスッキリとさせることができ、デザイン性を重視した場合に非常に重宝されています。また、一軒家を建てる場合、用いられる主流のタイプになりつつあります。したがって、トイレメーカーも力を入れており、最近では多くの商品が製造販売されているため選択肢が増えているメリットもあります。

■トイレリフォームでタンクレスに交換する場合

何事にもメリットがありデメリットがあります。トイレ 水漏れなどが原因でトイレリフォームとしてタンクレスの洋式トイレに交換する場合には、しっかりとデメリットを知っておく必要があります。デメリットは集合住宅の上層階では設置が難しい可能性があるということです。水道管から直接流すことになるため、一定の水圧が必要になります。高層マンションなどでは、どうしてもこの水圧を上げることが難しく設置を避けるケースもあるというわけです。
また停電にも弱いです。電気制御をしているため、停電になってしまえば排泄物を流すことができない状況になってしまいます。一方でタンクに水を貯めるタイプのトイレは意外とアナログなので、この手の影響を受けずに済みます。これらを念頭にトイレリフォームをするかを決めていかないといけません。

■まとめ
タンクレスのトイレとは、言葉通りタンクが付いていないトイレになります。水道管からの水圧で一気に流すため貯める必要がないことが最大の特徴です。ただし水圧が出ないような場所では設置が難しいというデメリットを抱えています。また停電時、流せない状況になる可能性もあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ