トイレ詰まりで大惨事はトイレリフォームのチャンス

トイレが詰まってしまうケースは意外と多いものです。例えば、小さなお子様がトイレットペーパーを流せないぐらいに使いすぎてしまって詰まってしまったり、酔っ払ってしまった勢いで異物を流してしまったという事例が実際に発生しています。そんなトイレ詰まりとトイレリフォームは深い関わりがあります。

■トイレ詰まりで大惨事になるケース

そもそもトイレが詰まってしまっている場合、一度流せば、全く流れないわけですから誰でも気付くはずです。しかし、洋式でも和式でもトイレの受け口の容量を超えてしまって溢れでてしまうケースがあります。流れないことが分かっているにも関わらず、もう1回流したら流れるかもしれないと考えて水を流した結果、余計に悪化してしまう場合があります。もう1つは、便器からの激しい水漏れです。止水栓を閉めれば対処できますが、その止水栓を閉めるまでの時間で大惨事になってしまうケースです。便器からあふれる水は汚物が含まれるため、衛生面で大きな問題が出ます。

■大惨事を機にトイレを一新する

さて、トイレが酷い状況になってしまったとき、掃除をしないといけないわけですが、状況によっては原状回復ができないこともあります。例えば、壁紙が激しく濡れてしまい浮いてしまったなどです。こうなってくると頭を過るのが、トイレリフォームです。このようにトイレ詰まりで大惨事になってしまって、そのついでにトイレリフォームをしてしまう考える人は意外と多いですし、実際に良い機会と言えます。一度、水が溢れ出てしまうと床の下が浸水してしまい、そこからサビや腐敗につながることもあるからです。それであれば、リフォームをして根底からキレイにした方が衛生的にも安全で安心できます。

■まとめ
トイレが詰まってしまうケースは異物を流したり、許容範囲を超えるトイレットペーパーを流すなどが考えられます。その結果、水が漏れてしまい大惨事に至るケースもあります。水漏れの範囲が広がって大規模な復旧工事が必要となってしまったら、リフォームをする1つの機会と言えます。根底からキレイにすることができるためオススメです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ